効率化

【2018年決定版】Amazon輸入拡張機能ランキング(TOP12→9)

更新日:

chrome拡張機能の使い方

chrome拡張機能を有効活用することで

Amazon輸入はかなりはかどる

というお話を以前させていただきました。

 

最近は輸入ビジネスに取り組まれる方も増えてきているので、

以前にはなかったような拡張機能が日々開発されています。

そこで、便利だからと言って

全部インストールしてしまうと、

パソコンが重くなる危険があるので、

自分が使いやすいものだけに絞って

適度にインストールする必要があります。

 

それでもAmazon輸入に活用できそうな拡張機能は20~30個もあり、

なかなか数個に絞ることは難しいので、

今回は僕が個人的に使えると思った拡張機能をランキング付けしてみました。

よろしければ参考にしてみてください。

 

中には機能が重複しているものあるので気を付けてくださいね。

今回ご紹介するのは僕が昔使っていたけれど、

最近はほとんど使わないものも含まれています。

あまりご紹介する意味が少ないものは説明を省かせていただいています。

 

chrome拡張機能ランキング 12→9

ショッピングリサーチャー

ショッピングリサーチャーの主だった機能は二つです。

モノレートに似た価格変動グラフを表示できることと、

他ショッピングサイトへワンクリックで移動できる機能です。

 

以前はこのような拡張機能の数が少なかったので重宝していました。

しかし、今ではより高性能な拡張機能が揃ってきたので、

使用する際に重くなるショッピングリサーチャーは使いにくいかなと思います。

 

SmaSurf for Webブラウザ拡張機能

スマサーフは輸入ビジネスを開始直後はとても使わせていただきました。

スマサーフの機能は世界中のAmazonのページにワンクリックで飛ぶことができることです。

それ以外にもFBA料金シュミレーターやモノレートの頻繁に使うサイトにも

ワンクリックアクセスが可能です。

 

一見便利そうに見えますが、エラーが頻発する問題があります。

またワンクリックで飛ばずとも

最初から頻繁に使うサイトはchromeでタブを開いておけば良い話なので

途中から使わなくなりました。

 

AMZ Seller Browser

この拡張機能はもう少しランキングが上でも良いかなと迷いましたが

重さとエラーの多さからこの順位になりました。

最大の機能が商品ページを開かずに

ASINコードをコピーすることができる点です。

 

普通は商品ページを開いて、URLをクリックして、ASINをコピーするという

3STEPを踏むのですが

この拡張機能を使えば1STEPで済みます。

 

それ以外にも商品ページを開かずとも競合セラー数を表示してくれたり、

価格変動グラフをみることもできます。

 

Fire Shot

ファイアショットはただのスクリーンショットを撮影する拡張機能です。

ファイアショット以外にも

Blip-shotやFull Page Screen Captureなど

いろんなスクリーンショットが撮れる拡張機能はあるので、

ご自身の好みでなんでも良いと思います。

 

Amazon輸入をしていると

MyUSでインボイスを求められることが結構な頻度であります。

ひどいと荷物の半分以上インボイスを求めらることもあるので、

スクリーンショットができる拡張機能は必須です。

 

今回のホンマエ

今回ご紹介した拡張機能はインストールされなくても大丈夫そうなものばかりです。

お好みでお使いください。

・ショッピングリサーチャー → 他サイトへワンクリックで飛べる

・スマサーフ → 各国Amazonへワンクリックで飛べる

・AMZセラーブラウザー → ASINコピーの手間が省ける

・ファイアショット → スクリーンショットできる拡張機能なら何でもOK

あとがき

僕の先生のつちやさんのブログ

2017年に受講した生徒さんの年末商戦ランキングが公表されていました。

僕の結果はというと15人中の4位でした。

なんか中途半端な順位ですね笑

 

どんなジャンルでも上位20%に入ることを昔から意識していたんですが、

今回は情けない結果になってしまいました。

まぁビジネスは勝ち負けじゃないので、

今年も同業者の方々と協力し合いながらみんなで成長していきたいと思います。

-効率化
-, , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.