新規商品登録

Amazon新規商品登録とは

投稿日:

Amazon輸入をやっていて

ぼくたちが商品を出品できるのは、

過去に誰かが商品ページを作成してくださったおかげです。

 

何もないところから急に商品ページは生まれたのではなく、

当たり前ですが、

企業の担当者の方なり、個人の方がコツコツがんばってきてくれたおかげで

いまのAmazonの商品ページが存在します。

 

Amazon輸入をこれから始めるという方には、

少しハードルが高いお話かもしれませんが、

この商品ページはぼくたちセラーにも作成する権利はあるんですよ。

 

とは言ったものの、

「商品ページを作るって何?

それで何のメリットがあるの?

めんどくさそう・・・」

と思われる方も多いと思うので、

今回は新規で商品ページを作成するメリットについてご紹介します。

 

新規商品登録とは

メリットをお話しする前に、

まず新規商品登録とはなにか。

についてご紹介します。

 

Amazonとその他モールの違い

Amazonは楽天やYahoo!ショッピングなどの他のモールと違い、

各店舗ごとのショップページをつくることができません。

 

その代わり、商品ページ一つ一つをセラーが作り、

それを皆で分け合うことができます。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、

楽天、ヤフショは店舗をPRして商品を売る。

Amazonは商品だけをPRして商品を売る。

といったイメージです。

 

Amazonとして良質なページがたくさんできることによって、

お客さんがより多く集まり、販売することが見込まれるので、

そのようにドンドン商品ページが生まれることには賛成なわけです。

 

商品ページ作成はそこまで大変なことじゃない

商品ページをつくるといっても、

それほど大変なわけではありません。

 

もし、SEOも全然考えず、

ただあるだけのようなページをつくろうと思ったら5分もかからないかもしれませんね。

 

しかし、ページをつくるときには、

その背景には商品を売りたいという思いがあるため、

基本的にはそれなりに作りこむことになります。

 

それもかけようと思えばいくらでも作りこむことができるんですが、

時間と費用対効果を意識して取り組んだら、

15~20分くらいで1ページ作ることも不可能ではありません。

 

このように作ったページは普通に機能しますし、

うまくヒットすれば達成感は大きいかもしれませんね。

 

商品ページをつくるメリット

新規商品登録をするメリットはたくさんあります。

 

むしろ、デメリットを探す方が難しいかもしれまえせん・・・・

 

やはり最大のメリットは、

資産化(ストック化)ができることでしょうか。

 

話し始めるとキリがないので、

今回は最も大事な資産化の話題に絞って解説してみます。

 

転売は資産化が難しい

単純転売はやったらやっただけ仕事が楽になる。

もっと儲かるといった資産化の仕組みが作り辛いビジネスです。

 

一般的には、小売店は仕入れ先や顧客リストを蓄積することで、

会社の資産にしていくのですが、

Amazonではそれが一切できません。

 

先ほどお話ししたように、

楽天やヤフショは店舗ごとで商売をしているイメージなので、

仕入れ先と顧客リストの蓄積が比較的容易です。

 

それじゃあぼくたちAmazonセラーは、

働いても働いても、いつまでも仕事が楽にならないで、

ずっと馬車馬のように働かなきゃいけないでしょうか?

 

それは、正直嫌ですよねw

 

資産化のための3つの手段

だから、できるところはトコトン資産家させます。

これまでご紹介してきた方法は、

キャメルキャメルへの登録。

ツールの利用(効率化)。

の2点だったように思います。

 

そこに、新規商品登録を新たに加えます。

 

新規商品登録が資産になる理由は、

作成した商品のページは一定期間、

自分が独占して販売することができるためです。

 

商品の販売を独占するとは

転売商品が利益率が低かったり、

在庫が残ってしまう理由は、

競合がいるためです。

 

常に競合を意識した動きをしていないといけないので、

その結果として効率的に販売することが難しくなります。

 

しかし、もし取り扱っている商品が自分だけだったらどうでしょう?

 

価格も、供給量も、編集も

何もかもが自分でコントロールすることができます。

 

資産化の継続的な取り組み

これはたった一つの商品しか持ち合わせていなければ、

それほど効果は大きくないかもしれません。

 

しかし、もし自分しか出品できない商品が100個あったらどうですか?

常に利益率30%越えも夢ではないかもしれません。

 

いきなり100個ページをつくるのはかなり大変なので、

毎週1個のペースから始めてみてはいかがでしょう。

 

毎週1個でも、一年間は52週あるので、

1年で52個も作れますよ。

2年間で100個も現実的に難しくありません。

 

ちなみにぼくは毎週2個以上のペースで作成しており、

現在までで50ページ以上は作ってきました。

 

高利益率の維持

やはり利益率の平均がすごく高いので、

新規登録があるのとないとでは、

全体の利益率が全然違います。

 

今後、新規商品登録の方法をホンマエで解説するかどうかは

今のところ未定ですが、

ちょくちょく新規商品登録ネタは投下していこうと思っています。

 

今回のホンマエ

・Amazon内の商品ページはセラーであれば新しく作成することができる

・新規商品登録はAmazon輸入でできる数少ない資産家の取り組みの一つ

・自分だけしか出品していないページは利益率が跳ね上がる

 

あとがき

ホンマエの読者は、

昨年末と比べると大幅に増えました。

 

ブログ読んでるよ!

毎日更新してすごいね!

と励ましのお言葉をくださる方には

いつもやる気をいただいています。

 

ありがとうございます。

 

しかし、ぼくが本当に読んでいただきたい「初心者」の方には、

自分が思っているほどにはホンマエは届いていないんじゃないか、と、

最近考えるようになりました。

 

この数か月間の記事を読み返してみると、

比較的にAmazon輸入の知識がある方向けの

内容だったと思われます。

 

これだと、ぼくが本当に読んでいただきたい

初心者の方には届きにくいような気がするので、

今後は内容を少し改めて行こうと思います。

 

今までより急激に初心者向けになる可能性がありますが、

ご理解いただけると嬉しいです。

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-新規商品登録
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.