Amazon

【2018年夏】アマゾンプライムデーとボーナス商戦で売上アップのためにできること

更新日:

本日から夏のボーナス商戦に入りました。

 

もう納品関係は出来ることが少ないですが、

売上げアップさせるためにできることはまだまだあります。

 

念のため、前回のプライムデーの記事を載せときますね。

【2018年夏】アマゾンプライムデーとボーナス商戦の準備まとめ

この時期は年末商戦とは行かないまでも、

普段の実力以上にモノが売れる時期です。

 

今まで月利10万の壁を突破できていないという方は、

この時期をうまく利用して一つレベルアップしていきましょう!

 

スケジュールのおさらい

公務員の方のボーナスは6月末支給なので、

ボーナス商戦は本日からとなります。

 

一般企業は7月初旬頃になるので、

もう1週間したら本格的な商戦に突入でしょうか。

 

プライムデーは現在のところ、

未だ詳細な日取りが発表されていません。

例年だとこのような日程でプライムデーが開始されています。

 

2015年 7/10(月)

2016年 7/15(水)

2017年 7/12(火)

 

今回も例年通りだと7月の第2週になりそうですね。

 

商戦&プライムデーで、できること

Amazonの集客力

Amazonの集客力は世界一です。

 

この集客力のおかげで、

ぼくたちセラーは集客、つまり広告に頭を悩ませなくても

普段から販売活動ができているわけです。

 

しかし、Amazonのセール時期には、

この集客力にブーストがかかり普段より圧倒的に多くのお客さんがAmazonにアクセスします。

 

この機会を黙ってみているだけではもったいない!

 

普段は池に魚が10匹いるところ、

7月上旬は15匹もいます。

皆さんは釣り師です!

 

ここで言う池とはAmazon。

魚はお客さんです。

 

この池でたくさんの魚を釣るためには、どうしますか??

 

なんとか魚が釣り針にかかるように工夫しますよね。

だって、普段より少ない労力でたくさん魚を釣ることができるチャンスなんですから!

 

ちょっと例が失礼過ぎるかもしれませんが、

これが一番わかりやすいかと思いました。

気分を害した方がいましたらスミマセン・・・・

 

お客さんに商品を購入してもらいやすくする施策

お客さんにたくさん商品を購入してもらうためには、

具体的には2つの方法しかありません。

 

⒈ カートを獲得し適正価格に調整する

⒉ 広告をかけ商品の露出を高める

 

⒉の広告はAmazon輸入、特に転売ではあまり良い出費とは思えないので、

選択肢は⒈のカートを獲得し適正価格に調整するしかありません。

 

7月の価格調整は非常にコスパが高いので、

普段は1日1回しかしないという方も、

朝昼晩と3回チェックすると本当に良く売れるようになります。

 

リピートを即行で!

皆さんも普段からリピート発注をしていると思いますが、

この時期は頻度を少し高めてみましょう。

 

単純に商品がよく売れるという関係で在庫不足になりやすいというのもありますが、

売れる期間が限定的なので、

この売れるときにできるだけ売っておきたいという思いがあります。

 

もし可能であれば、

2~3日に一回のペースでリピート発注をかけると

より多く販売することができます。

 

ただし、あまり発注数を多くし過ぎない様に、

量はしっかり調整してくださいね。

 

今回のホンマエ

・転売で広告をかけても相乗りされて終わるだけなので、広告はかける必要はない

・売り上げをあげるために最も効果的なのがこまめな価格調整

・リピート仕入は少数を頻繁にオーダーするイメージ

 

あとがき

昨年のプライムデーでは広告を研究し、

いくらか広告をかけました。

 

商品の露出を高めればその分売れるだろうという仮説を立てたのですが、

全然ダメでしたね。。。

 

広告費はかかるわりには、

大して売れず。

 

売れた商品は商品で、

次々に競合が参入してきました。

 

このことに気づけたことも収穫なのかもしれませんね。

 

 

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-Amazon
-, , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.