ツール

価格調整は何日に一回するのがオススメ?

更新日:

プライスターやマカドなどの価格調整ツールを利用すれば

ツールが自動的に設定した条件で価格を変更してくれるのでとても便利ですよね。

 

ぼくがAmazon輸入を始めたばかりの頃は

ツールも利用しておらず価格調整にものすごく時間をかけていました。

 

このカート獲得をするための価格調整作業。

どれくらいの頻度で行うのがベストなのか知っていましたか?

 

 

答えは、毎日です!

 

もっというと、朝晩など日に2~3回取り組むことができれば言うことなしです。

 

「ツールがあるのになんで???」

というご意見もあるかと思いますので

その理由について説明していきます。

 

価格調整はカートを獲得するためだけじゃない

価格調整の目的は当たり前ですが

Amazon内のカートを獲得しやすくするためです。

 

では、あなたはどうしてカートを獲得したいのですか?

 

多くの方は「売上を上げるため」とお考えかと思います。

別にコレで間違っていないくて正しいんですが

理由はコレだけではありません。

 

実はもう一つ大事な理由があります。

それは、キャッシュフローを良くするためです。

 

在庫はすぐに増えていく

Amazon輸入でたくさんリサーチしてたくさん仕入れているのにお金が増えていかない

という方が陥っている可能性が高いのが在庫過多の状態です。

 

利益率の高い商品をリサーチすることはとても良いことですが

それが短期間に販売できなくては何の意味もありません。

 

ビジネスにおいて利益を出すことは大事なことの1つですが、

それ以上大事なことがキャッシュを回すということです。

 

結果が出ないのはキャッシュが回っていない

そのためのテクニックとして、

在庫の損切りやリサーチの時点で短期で販売できるものに絞るなどありますが、

今回ご紹介する毎日の価格調整もその中の1つです。

 

カートの価格調性はお金をかけずに、

そして特にスキルも必要なくできる簡単な作業です。

あとはやるかやないかだけですね。

 

価格調整ツールに依存しすぎない

ツールは使う人間の扱い方によって良くも悪くも働きます。

 

プライスターなどの価格調整ツールも

一度設定したら勝手にほおっておいても大丈夫なんて考えじゃダメですよ。

 

あくまで扱う主体は扱うあなたで、

ツールは道具です。

 

ツールも万能ではないので、

価格調整は毎日コツコツやって

少しでもカートを獲得してキャッシュを早く回せるよう工夫をしましょう。

 

今回のホンマエ

・カートを獲得するのは売り上げを上げるためだけでなくキャッシュフローのことも考える

・がんばっているのに結果が出ない人はキャッシュが回っていない

・ツールはただの道具。ビジネスの主体は人間のあなた

 

あとがき

妻が丸亀製麺に行きたいとずっと言っています。

 

もう3週間近く言っているのでこれから夕食を食べに行ってきたいと思います。

 

ぼくがテレビのCMを見ても何も感じないのですが

女性はやっぱり映像や音声を取り入れると情報がダイレクトに脳に伝わりやすいんでしょうか?

 

これ以上言うと今流行のMe too 運動に目をつけられそうなので止めておきます・・・・・

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-ツール
-, , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.