ツール

プライスターに任せっきりだと、自己発送セラーに負け続けているかもしれない!?

更新日:

価格調整をしていると、

カートを取れていないにも関わらず

ずっと同じ価格で動かいないFBAセラーをみかけることがあります。

 

不思議なことに、

こういったセラーが現れるときは一人だけということでなく、

複数人のセラーで固まっている傾向があります。

 

一人だけだったら、たまたまのうっかりさんかなで済むんですが、

これが数人となると何か共通点があるのかと考えてしまいますよね。

 

もしかすると、

みなさんも価格調整をしているつもりでも

全然カートを獲得できていないということもあるかもしれません。

 

今回はどうして集団でこのような現象が起きるのか、

その理由をお話しします。

 

自分もそんな状態になっていないか

確認するきっかけになれば嬉しいです。

 

価格調整をサボると・・・

価格調整ツールは放っておいても、

数分間隔で価格を調整してくれる非常に優れたアイテムです。

 

だからこそ、

セラーセントラルで手動で価格調整することに比べて

異常なまでにツール任せになりがちです。

 

初心者の方がセラーセントラルの価格調整の仕方がわからなくて、

適当な価格で出品してしまうというケースは、

まぁ、あるのかもしれません。

 

しかし、初心者には見えないようなセラー達が、

まとめてカート獲得できていない価格で出品していることがあります。

 

最高の設定が最適な方法とは限らない

これはプライスターなどの価格調整ツールの設定の一つ、

「FBA最安値」に設定して放置していることが原因です。

 

価格調整ツールを利用してる方は、

様々な設定がある中で、

大半が「FBA最安値」もしくは「FBA状態合わせ」を選択しています。

 

これはプライスターの中の名称ですが、

他のツールも名前が違っても同じような設定があります。

 

この設定は、

基本的にはFBAセラーとの価格競争を前提とした設定になるため、

自己発送セラーの価格には影響を受けません。

 

確かに、

Amazon輸入の取り扱い商品は基本的にはFBA商品のみを扱うので、

この設定が最も効果が出やすいです。

 

しかし、効果が出やすいからこそ、

最も有効な設定とわかっているからこそ、

価格調整に緩みが生まれます。

 

「この設定で置いておけば

間違いないだろう」と。

 

価格調整をする目的

価格調整をする目的は、

「カートを獲得して、販売する」

ことです。

 

こういったツールの設定だけして放置というスタンスでは、

販売できないどころか、

自己発送セラーとの闘いでカートを奪うことすら放棄しているので、

すごくもったいない方法です。

 

カートを獲得できないということは、

その商品がAmazon上に存在しないと同じことです。

 

せっかく皆さんがチョイスした良い商品なのですから、

しっかりお客さんへアピールしていきましょう。

 

具体的には、

サボらずこまめにカート獲得しているかモノレートを確認することです。

 

毎日確認するのは大変なので、

副業をされている多忙な皆さんは、

週に一回とか月に一回でもひとつひとつチェックしていただきたいと思います。

 

これをするかしないかで、

売上は大きく変わりますので、

結果としてキャッシュフローもすごく良くなりますよ。

 

今回のホンマエ

・多くのセラーが価格調整ツールに依存して、放置している

・「FBA最安値」や「FBA状態合わせ」の設定は、

対FBAセラーには強いが自己発送セラーには弱い

・ツールを利用していても定期的にカート価格を獲得しているか確認することで、売上アップ!

 

あとがき

結婚式で、

向上心旺盛の証券マン2人と同じテーブルになりました。

 

ぼくが輸入の仕事をしている話をしたら、

すごく興味を持っていただけて、

式が終わってからも話を聞きたいと頼まれました。

 

副業ブームの流れは本当ですね。

超一流と世間では言われてる企業にお勤めの方でも、

相当危機感は感じられているみたいです。

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-ツール
-, , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.