物販・ビジネス

日本政策金融公庫をうまく活用する!

投稿日:

以前、事業開始の元手がない方は

どのように資金を用意するのかご紹介いたしました。

 

今回は日本政策金融公庫から融資を受けることについて解説します。

 

融資は必ず返済するものだけど怖くない!

融資と聞くとちょっと身構えてしまいたくなる気持ちも少しわかりますが、

実はお金を借りるということは結構身近なもので、

特別なことではありません。

 

皆さんが日ごろ普通に使っているクレジットカードもお金を借りることの一種です。

自動車のローンもお金を借りることの一種です。

大学の奨学金も同じですね。

そう考えると、

お金を借りるという行為はかなり日常の中にあると思いませんか?

 

それでも融資という言葉に何か魔力のような怖いイメージがあるのも確かです。

もし返済できなくなったらどうしよう。

利息で結局損することになったらどうしよう。

融資なんてよくわからないものを使わなくてはいけないなら副業なんてしなくていい。

 

融資に抵抗がある方は様々なネガティブな思いがあるかと思います。

 

では、これから実際に融資とはどのようなものか、

僕の例を使いながらご紹介します。

 

日本政策金融公庫の融資制度とは

副業を始めるに当たって最も融資をしていただきやすい機関が

日本政策金融公庫です。

政策公庫とは政府が100%出資している株式会社で、

中小企業や農家、僕たちのような個人事業主等

に融資することを仕事にしている金融機関です。

 

融資の制度は結構な種類があるのですが、

僕が利用させていただいたのは

新創業融資制度でした。

これは開業してまだ期間が浅い個人事業主へ向けての少額の融資制度で、

本当に簡単な手続きで融資をいただくことができました。

 

融資の条件

融資の条件は人によって違うのかなと最初は考えていましたが、

輸入ビジネスをしている同業の方にも聞いてみると

だいたい僕と同じような条件で融資を受けていました。

 

融資額150万円

返済利率1.66%

返済期間は8年まで伸ばせるようですが、

僕は3年完済を選択しました。

 

地域によっては女性は利率が優遇されたり、

古物商の許可を取ることを求めらることがあるそうです。

 

150万円という金額、

そして利率1.66%という数字を見てどう思われましたか?

僕は本業で経理をしており、

日ごろから数千万円の融資を扱っているせいか

とくに何も思いませんでした笑

 

ただ、もし経理の仕事をしていなかったら150万円というのは結構大きな金額で、

結婚式と車を買うときくらいしか見ない大金に感じたと思います。

 

1.66の利率についてはどうでしょう?

150万円×1.66%=24,900円

そう150万円を借りて24,900円の利息を返済すれば良いんです。

これってかなり良い条件だと思います。

 

Amazon輸入の最初の頃の利益率は10%かもしれませんが、

慣れてくれば20%程にまで上げられます。

そうなると150万円の融資を受けて利率1.66%の24,900円は

思いのほか少額のように感じます。

 

簡単なシミュレーションですが、

150万円分の商品を仕入て、

翌月100万円分売れたとします。

利益率20%なら売上100万円の内20万円は利益です。

あくまで例ですが、

一か月で利率を差し引いても175,100円の儲けができてしまいました。

 

政策公庫から融資を受けるときの注意

ここまでの説明で少しは融資についての抵抗感が薄まったでしょうか?

僕はとにかく融資に対する恐怖感を払拭していただきたくて、

ここまで記事を書きました。

 

しかし、僕は諸手を上げてとにかく融資を申し込むべし

と楽観的におすすめするわけではありません。

簡単にできると言ってもお金を借りる行為です。

それなりに責任義務は発生します。

 

まず借りたお金は絶対に返済しなくてはいけません。

返済計画に則り、

毎月決められた額をコツコツ返済する覚悟がない方は

厳しい言い方になりますが融資を受けるべきではありません。

 

また、日本政策金融公庫は返済にとても厳しい金融機関です。

僕の知る限り都市銀行や信用金庫の何倍も厳しいです。

一日でも返済が遅れると即ブラックリストに載ってしまい、

次回以降の追加融資が受けられなくなるほどです。

もし何らかのトラブルで返済ができなければ

現ナマを持って政策公庫へ走れというのが経理の常識です。

 

ちょっと脅すようになってしまいましたが、

お金を借りたら返済計画に則り、きちんと返すのが常識です。

こういった常識を普通に守れる普通の方は

きっと政策公庫の融資は事業の大きな助けになります。

 

次回は融資を受ける流れについてご紹介します。

今回のホンマエ

・融資は身近なものでそれほど怖くない

・日本政策金融公庫は融資の強い味方

・きちんと返済することは常識

 

あとがき

年末に考えていた計画が遅れています。

というよりかなり遅れすぎています笑

 

まず、独立の時期を5月に計画していましたが、

引継ぎが全然進んでおらず、

まだ先になりそうです。

 

次に確定申告。

青色申告会さんに入会したのはいいものの、

ソフト3万円を買わないと指導しないと言われ自己流で進めているので

かなり混迷を極めています。

 

コンサルティングのテストを2月から始めるつもりでしたが、

他が滞りすぎて全くプログラム作りに手をつけられていません。

ただ、これはコンサルティングというより塾にしていこうかと方向転換を考えています。

ホンマエ欧米輸入塾という感じでいいかな笑

 

こうやって挙げていくとキリがないくらい滞りまくっているので、

来月までは交渉に最大のエネルギーを投資することにしまいた。

交渉以外は二の次。

 

選択と集中をやりきって物販レベルをさらに上げたいと思います!

 

 

 

 

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-物販・ビジネス
-, , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.