効率化

会計ソフトは無条件にクラウド使ってない?

投稿日:

輸入ビジネスに限らず、

物販界隈では会計ソフトはクラウドタイプのものが人気ですね。

僕のまわりも多くの方がクラウドをお使いですし、

僕もクラウドタイプの会計ソフトを使用しています。

 

前期で実際にしようしてみた感想をまとめました。

皆が皆クラウドソフトで作業効率がアップするわけではないということを

お伝えできればと思います。

 

確定申告のための会計ソフト

まず、確定申告をするために会計ソフトがないと申告書を作れないというわけではありません。

 

少し前までは手書きで日々の仕分けを記録して、

その記録から決算書を作成しているのが普通でした。

今もその方法でも問題ありませんし、

エクセルでも仕分けの管理はできます。

 

会計ソフトがあるのは、

そういった手書きやExcelの記録よりも便利で

ユーザーが楽をするためですよね。

 

つまり、会計ソフトは自分が確定申告を楽にするためのツールなのです。

 

もし会計ソフトを使用しているにも関わらず、

確定申告でわけがわからない状況になっていたり、

ものすごく不便さを感じているならそもそもそのやり方が合っていない可能性があるので、

少し改めて見る必要があるかもしれません。

 

クラウド vs  パッケージ

物販をされている方でクラウドを使用している方が多いのには理由があります。

それは、会計ソフトと金融機関口座・クレジットカード・Amazonが連結させられるからです。

そうすることで、各情報が会計ソフトに一気に入ることになりますし、

自動仕分け機能を使うことで、

仕分け作業が劇的にスピードアップします。

 

また、クラウドタイプは月額制を採用していることが多いので、

月に1000円程の費用で利用できるもの魅力です。

 

 

一方、パッケージタイプは昔からあるものが多いので、

ネット上に情報がたくさんあります。

そして、ユーザー数もかなりの数に上るので

わからないことがあればそれなりの人数に当たればだれかが教えてくれます。

 

そして、クラウドタイプ程機能がたくさんあるわけではないので、

使い勝手が良くシンプルです。

長年の情報の蓄積があるので、

ユーザーがやりたいと思うような最低限のことについては

とても簡単に処理することが可能です。

 

会計に自信がない方はパッケージをおすすめ

初心者の方はパッケージタイプを使うことをおすすめします。

 

物販でほとんどの方がクラウドタイプを使用している中で、

パッケージタイプを推奨するのは恐れ多くもありますが、

これが僕の答えです。

 

①これまで何度も確定申告をしてきている。

②企業の経理を3年以上している。

③税理士にお世話になっている。

この3つの条件にあてはまらない方は、

会計ソフトはパッケージタイプを使用するようにしてください。

 

パッケージタイプを強くおすすめする理由

パッケージタイプは買い取りになるので、

初期費用は発生します。

ただ、トータルコストで見るとメーカーにもよりますが、

ほとんど変わりません

 

クラウドタイプの口座・クレジット・Amazonとの連携ですが、

便利そうに見えて実はチェックをかなり厳しくみないと

間違った仕分けがたくさん見られます。

 

誰の力も借りずに待ちがった仕分けで申告書を作成し、

それが税務署の監査で見つかった時にはペナルティを受けることになります。

金銭的にも痛手ですが、

それ以上に税務署に目をつけられた時の精神的な辛さと時間のロスは計り知れません。

 

友人の失敗からの学び

大学時代の僕の友人は古本せどりで荒稼ぎしていましたが、

税務署の監査が入り授業やサークルに一切来ることができない時期がありました。

このときの恐怖があるので、

僕は税務署にはすごく怯えており、

申告書も極力正確なものを作成しようと努力しています。

 

先ほども、パッケージタイプは多くの方が使用していると言いました。

もし皆さんがパッケージタイプを使用していれば、

税務署でも商工会議所でも、商工会、税理士、

青色申告会どこでもサポートを受けることができる可能性が高いです。

 

しかし、もしクラウドタイプを使用していた場合、

サポートをしてくれるのはクラウドタイプに対応している税理士だけです。

 

もちろんクラウドのサービス会社は基本的な使い方は質問すれば教えてくれますが、

仕分けの正しいかどうかの判断や決算書の中身までは質問しても教えれくれません。

全て自分の判断で行うしかないのです。

 

これは結構怖いことですよ。

知識と経験がある方なら良いですが、

これまで経理や確定申告をしたことがない方が

コンビニに売っているような青色申告のガイドブックで対応できるものではないと思います。

 

これは65万控除のことだけを言っているのでなく、

青色申告全般についての忠告です。

 

自動連係は思ったほど便利な機能ではない??

クラウドで行う自動連係のメリットは細かな入出金まで全て記録できることです。

細かなところまで記録できるというのは安心感があることですが、

実はそこまで細かく仕分けを記録する必要はありません。

 

ここは専門家によって意見が割れるところですが、

少なくとも僕の周辺の専門家の方はチェックしたときに見やすくするために、

数個の仕分けをまとめて金額だけ合わせるというやり方を推奨しています。

そういったやり方であれば、クラウドでなくとも全然問題ありません。

 

もし、読者の皆さんが

「周りの方もクラウドタイプの会計ソフトを使用しているから自分も同じようにしよう」

という理由で会計ソフトをお考えなら

少し考え直すことをおすすめします。

 

ご自分の頭でしっかりどれを使うことで仕事が楽になるのか考えてみて、

それで決断されるのが良いかと思います。

 

今回のホンマエ

・皆がクラウドタイプの会計ソフトを使っているからという理由でソフトを選ぶのは危ない

・知識と経験が乏しい方はパッケージタイプを買って周りに助けてもらう

・税務署の監査が入ることの大変さを知っておくべき

 

あとがき

今週末は初のホンマエ塾の授業日です。

 

場所は僕が良く行くネット喫茶のパーティールームにしました。

 

・ネットが使える

・長時間疲れない状態で授業ができる

・大きな机がある

・普通の会話の声を出しても迷惑にならない

・食事や飲み物を取ることができる

・電源や印刷機、機材があり、何かあった時すぐに備品を買うことができる

・それなりに安価

・日曜日でも定期的に利用可能

・予約ができる

 

こんな条件で絞ったらネット喫茶のパーティールームくらいしか思いつきませんでした笑

貸し会議室なんかもあるようですが、

費用が高いんじゃないかと心配になってとくに調べませんでした。

 

5月まではオフィスがないので、

もし良いところを知っている方がいらっしゃいましたらぜひとも教えて下さい!

ご連絡をお待ちしております!!

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-効率化
-, , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.