効率化

【2018年決定版】Amazon輸入拡張機能ランキング(TOP8→5)

更新日:

chrome拡張機能ランキング(TOP8→5)

Amazon FBA Calculator Widget

FBAカリキュラーウィジェット

FBA料金シュミレーターへの入力の手間を省く拡張機能です。

 

通常FBA料金シュミレーターを使用するときは

いくつかの手順を踏んでから手数料を計算します。

具体的には、以下5つの工程ですね。

 

①FBA料金シュミレーターを用意する

②商品ASINコードをコピーする

③ASINを「Amazon.jpで商品を検索」の欄に入力する

④「商品代金」の欄に金額を入力する

⑤「計算」ボタンを押す

 

しかし、このFBAカリキュラーウィジェットをインストールしていれば、

商品ページで拡張機能のスマイルマークアイコンをクリックさえすれば

一発で手数料を表示できます。

今まで10秒かかっていた作業が1秒になるので結構な時短になります。

 

LeiTu Image Search

レイツイメージサーチは画像検索をする際に役に立ちます。

Amazon内のASINコードは日本と海外で同じものもありますが、

違うものも結構あります。

 

そんなときにキーワード検索をしたり、

画像検索をしたり、JANコードで調べたりとASINを照合する方法はいくつかあるのですが、

レイツイメージサーチは画像検索で海外商品ASINを調べるのに使います。

 

Amazon輸入をされている方の中には

この拡張機能を使用せずに

「画像にカーソルを合わせる」→「マウスの右クリック」→「Googleで画像を検索」

の手順で画像を調べる方もいらっしゃいます。

これでも良いと思いますが、

レイツイメージサーチを使うと

より多くの画像候補の中から探せることが多いので

僕はこの拡張機能をおすすめしています。

 

XDEALER.PRO

エックスディーラープロ

セラー在庫数とその推移を調べることができる拡張機能です。

 

商品ページのセラー一覧画面を開くと

セラー名の下にそのセラーの持つ在庫がいくつあるのか表示されます。

またグラフみたいな部分を開くと

在庫の推移も見ることができます。

 

エックスディーラープロは結構優秀な拡張機能ですが、

上位版のような拡張機能が存在するので

僕はそちらの調子が悪いときのみエックスディーラープロを使用しています。

 

世界価格比較ツール - Amadiff.com

アマディフは商品ページに世界中のAmazonの価格を表示させることができる拡張機能です。

各国Amazonの価格一覧がとても見やすいので

アメリカ以外から仕入れる際に重宝します。

 

半年ほど前からTAKEWARIという世界中のAmazonの価格をかなり正確に表示してくれるサイトが

お亡くなりになりました。

なので、このアマディフはTAKEWARIの機能の後継になります。

 

残念ながら価格の精度がTAKEWARI程じゃないので

あまり信じすぎると痛い目をみるかもしれません。

アマディフでチェックして、

本当かどうか海外Amazonにアクセスして確かめるのが賢い使い方ですね。

 

今回のホンマエ

・FBAカリキュラーウィジェット → FBA料金シュミレーターにかかる時間を1/10にする

・レイツイメージサーチ → Googleで画像を検索するより多くの候補を表示してくれる

・エックスディーラープロ → セラー在庫数を表示する ※ただし上位版の紹介を次回します

・アマディフ → 世界中のAmazonの価格一覧を表示する

 

あとがき

正月気分がやっと抜けました。

11/30を最後に仕入れの発注をしていなかったので

感覚がものすごく鈍っています。

 

昨日から

「このままじゃダメだ」

「気合を入れて仕事しろ!」

と自分を叱ってやっと本調子になってきました。

 

Amazon輸入というか副業において一番重要なのはモチベーションですね。

モチベーションさえあればなんでもできる気がしますが、

湧いてこないと本気でなにもする気が起きてきません。

ダメなときはマンガばかり読んでます笑

フォローいただけると更新を見逃しません

お気軽にシェアしてください

-効率化
-, ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.