輸入

MyUSで送料や追跡番号を確認する(HISTORY)

更新日:

MyUSで最も使う画面がMY SUITEです。

そして、次に使うのがHISTORY画面です。

 

今回はHISTORYからできることをご紹介します。

 

HISTORYでできること

HISTORYを開くことで

過去の情報を呼び出すことができます。

 

具体的には、転送した荷物の送料追跡番号の確認をすることができます。

 

それではまずHISTORYを開いてみましょう!

 

送料の確認

 

 

 

 

 

送料はCHARGESからチェックしましょう。

 

皆さんも管理表をつけているかと思いますので

この金額を元に送料を管理表に入力します。

 

追跡番号から荷物の場所を特定する

では、次はTrackingから追跡番号を見てみます。

 

この機能をお使いじゃない方もいるかもしれませんが、

転送指示を出したらちょくちょくチェックした方がいいですよ。

 

荷物が複数個のダンボールに分かれてしまうことはよくあります。

また、荷物が違う便に分かれていしまうということもよくあります。

 

荷物の便が分かれてしまうことはよくある

たとえば3つの荷物を転送したとします。

 

そこで2つの荷物が日本に届いて、

一つだけが香港を経由しており

まだ日本に到着していないということもありえるので、

そういったときには

DHLやフェデックスなどの配送会社に

「先に届いている2つだけ送ってください」

と連絡することができます。

 

3つ届くのを待っていてもいいですが

待っている間は販売の機会損失になるので、

特に理由がなければ届いている2つだけでも先に届けてもらうことをおすすめします。

 

気軽に配送会社に連絡する

ちょっとまわりくどい言い方になってしまいましたが、

Trackingを見て

「おかしいぞ?」と感じたら配送会社に連絡しましょう。

 

日本に荷物が来ているはずなので

そこから香港に向かっているなんていうおかしな動きとかですね。

 

今回のホンマエ

・HISTORYから転送料と追跡番号をチェックすることができる

・荷物が複数に分かれたり、便が分かれたりすることはよくある

・おかしいと感じたらすぐ配送会社に連絡して早めに届けてもらう

 

あとがき

新しいパソコンを何を買うか迷っています。

 

ぼくは結構比較検討するタイプの人間で

いろんなサイトをみたり

人に聞いたりして情報を集めてしまいがち。

 

なので決めるまでにかなりの時間を要するのですが

買い物で失敗した経験はあまりありません。

 

今回はDELLの最新ノートにする可能性が高そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-輸入

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.