Amazon

Amazon、返品を繰り返すユーザーアカウントを停止する方向へ

更新日:

Amazonの売上を管理していて

毎回ガックリくるのが返品です。

 

物販を行っている方なら誰もが返品は悩みの種かと思いますが、

米アマゾンがついに返品を繰り返すユーザーに対して厳しい措置を見せました。

 

まずはこちらの記事をお読みください。

 

Amazon、返品しすぎるユーザーを追放

アマゾン、返品が多すぎるアカウントを停止か

Amazon、返品しすぎるとアカウント停止されるらしい…

 

Amazonは返品システムの悪用を許さない

上の記事で言われているアカウント停止の措置は

現在のところアメリカ国内のみの話です。

 

しかし、米アマゾンがそのような動きをし始めたということは、

いずれ日本アマゾンも同じように悪質なユーザーに対して厳しい措置を取る可能性が高いと言えます。

 

そもそもどうしてAmazonは、

返品のシステムを用意しておきながら返品を繰り返すユーザーを排除しようという動きに出たのでしょうか?

 

商品の差し替え対策

単純に届いた商品が気に入らなかったから返品したというユーザーも多いはずですが、

中には別の商品を差し替えて返品するという悪質なユーザーもいます。

 

アマゾンはそういったユーザーをAmazon内から排除したいと考えているのではないでしょうか。

 

EC(イーコマース)は世界的に市場規模が拡大を続けているので、

こういった詐欺的行為も同時に拡大していけば、

いずれはAmazonの首を絞めることに繋がります。

 

マーケットプレイスセラーが評価を操作することを防ぐため

アマゾンはセラーと商品に対してそれぞれ別の評価を行うことができる仕組みがあります。

 

ただしそれは購入したユーザーに限った話なので、

悪用しようと考えるユーザーは返品という方法を使います。

 

つまり、一度商品を購入して、商品やセラーの評価だけ入れて

後はAmazonに返品ということをすれば、

大した労力をかけずに自分のショップや自分の取り扱っている商品の評価を引き上げることができてしまうということです。

 

アマゾンはこういった返品システムの悪用を許しません。

 

配送費の高騰

人件費と燃料の高騰は日本だけに限ったことではなく、

アメリカでも似たような問題は起きています。

 

これまでは返品に対するコストもそれほど大きくはなかったとしても、

昨今の情勢の変化でさすがのAmazonでも見逃せなくなっということでしょうか。

 

返品数が増えれば触れるほど事業利益を削っていきますからね。

 

日本での動き

今のところ日本でも同様の動きがあるという情報は出ていません。

しかし、日本もいずれ返品に対する何らかの規制がかかる可能性は高いと言えます。

 

最近では出品アカウントを開設するにも身分証を提出したりと

これまでよりアカウントに対するAmazonの目が厳しくなりつつあります。

 

普通にAmazonを利用している一般のユーザーには

返品に対するペナルティが強化されてもは大したことでないかもしれません。

 

怯えるのは悪質なユーザーだけです。

 

健全な市場づくりを期待

こういった厳罰化の流れによってマーケットプレイスセラーがより仕事をしやすくなるので、

悪質な返品に対する措置が日本でも拡がっていけば、

今よりさらにネット通販は伸びていくはずです。

 

今回のホンマエ

・米アマゾンでは返品を繰り返すユーザーのアカウントを停止する措置に動き始めた

・ペナルティは通告なくいきなり行われ、その基準も不明

・日本でも同様の措置が取られるようになる可能性は高いが今のところ米のような措置は取られていない

 

あとがき

国内の卸問屋さんと商談をしました。

 

これまで販売や新規開拓営業はやったことがありますが、

ルートの営業についてはまったく知識も経験もありません。

 

なので、営業に来られた方とどう話して良いのかちょっと困りましたが。

相手はさすがプロでした!

 

素晴らしいコミュ力を発揮してお話してくれたおかげで話もとんとん拍子に進みましたね。

 

ぼくもルート営業の経験積んでおけばよかったなぁ~

 

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-Amazon
-, , , , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.