お知らせ

2018年 Amazonプライムデーの日程

更新日:

いよいよプライムデーの日程が発表されました!

 

今年はなんと。

 

 

 

 

 

 

7/16(月) 12:00 ~ 7/17(火) 23:59

の36時間です。

 

昨年までは30時間だったのが36時間に伸びているあたりに、

Amazonの本気がみられますね。

 

この36時間は普段Amazonを開かない方も、

セールの激安品を目当てにAmazonへアクセスしているので、

相当の集客が予想されます。

 

在庫切れに気を付けて

今のうちにリピート発注かけておきましょう。

 

注意点などはこちらにまとめましたので、

参考にされてください。

【2018年夏】アマゾンプライムデーとボーナス商戦の準備まとめ

【2018年夏】アマゾンプライムデーとボーナス商戦で売上アップのためにできること

プライムデーを楽しむ

あとは、単純に自分がお客さんになって商品を購入するというのもいいと思います。

 

ぼくは昨年、

Amazon輸入を始めたばかりだったので

巨大モニターやらデスクやらいろんな商品を買い込みました。

 

値段が安くなっているのもありますが、

さらに普段よりポイントが多めにつくのが嬉しいですよね!

 

では、みなさん7/16からのプライムデーの健闘を祈ります!!

グッドラック!

 

 

 

 

まだまだ、ほんのちょっとだけ続くよ♪

 

 

一番危険なのはそこそこの満足の状態

で、終わってしまうのはあまりに味気ないので、

ちょっとおまけ記事を書きますw

 

自動モード

皆さんAmazon輸入に没頭していますか??

あまりに突然の質問ですみません・・・・

 

輸入ビジネスは慣れるまでが大変ですが、

一度慣れてしまえばあとは繰り返し作業の連続です。

 

眠かろうが、

体調が悪かろうが、

転売くらいであればぼーっとした頭でも没頭できちゃうんですよね。

 

あたまが自動モードになる感覚です。

 

今、覚えることやトラブル対応に追われてアップアップしている方も、

もうちょっとかんばれば余計なエネルギーを使わず自動モードになれますので、

今はとりあえずやることやってがんばりましょう!

 

今日は自動モードに慣れてしまうと危険というお話をしたいと思います。

 

そこそこは甘え

どこかの偉い人が言いました。

人間、失敗を繰り返しているときやどん底のときよりも、

「そこそこ満足できている状態」のときが一番危険だ、と。

 

転売に慣れてしまうと、

無理にあたまを使わなくてもそこそこ成果が出てしまうので、

自分の成長が止まってしまうんですね。

 

逆に失敗ばかりしている人というのは、

裏を返せば挑戦し続ける人なのでその時点だけで見ると何も進んでいないように見えますが、

長期で見るとちゃんと前進できているんです。

 

よく輸入ビジネスで月利30万の壁とか100万の壁と言いますが、

あれば実力云々ではなく、

そこそこで満足する気持ちから湧いてきてしまう「まぁ、この辺でいいだろ」

という甘さだと思っています。

 

ちょっと厳しめなことを話しましたが、

もしかしたらこれは仕方のないことなのかもしれません。

 

組織の中と外

サラリーマンや学生をしていると、

自発的に動くということをする機会が極端に少ないからです。

 

自発的に動いているように見えても、

それは組織や伝統が一人一人を自発的に動かすよう組み立てられているだけで、

本当の何もないところからの自発的行動ではないケースが多いです。

 

しかし、輸入ビジネスの世界、もっと言うならビジネスの世界では

完全にフリーです。

誰も皆さんを強制しない代わりに、

誰も助けてくれません。

 

今まで大都会の中心でルールや縛りの中で生きてきた人が、

いきなり何もないサバンナに放り出されるようなものです。

 

街中では食べるものも遊ぶものも何も困りません。

「生きる」ということが普通過ぎて「死ぬ」感覚が薄れます。

 

一方サバンナでは、何もない代わりに何でもできます。

すべて自分の行動次第です。

 

ただ、ぼーっとしていれば肉食獣に食べられて死にますし、

水にありつけても水辺で菌をもらって死ぬかもしれません。

こんなフリーダムの楽園にいたら「死ぬ」という感覚がすごく濃くなりますよね。

 

輸入ビジネスというサバンナ

ぼくは輸入ビジネスもサバンナで暮らすのと同じようなものだと思っています。

さすがに死ぬというのは、

大げさな例えですけどねw

 

自分の仕事に対して、

そこそこ満足してしまうのは人間として仕方のないことかもしれません。

人間そういう動物ですからね。

 

でも、いかに早くそこから気を引き締められるかが勝負です。

 

サバンナでそこそこの状態で満足していたら、

急に嵐が来るかもしれません。

病気にかかるかもしれません。

食べるものがなくなるかもしれません。

 

そのあとはゆっくりと確実な「死」があるだけです。

 

いつ輸入ビジネスができなくなるかもしれない

Amazon輸入で命までは取られることはないですが、

突然のアカウント閉鎖。

資金ショート。

奥さんや旦那さんと離婚。

こんなことも決してないとは言えません。

 

だからこそ、余裕のある時にさらに力を蓄えて

ビジネスの世界で生き抜く知恵を絞ることが大切です。

 

偉そうなことばかり言っていますが、

ぼくもまだまだ駆け出しのペーペーです。

 

それでも、

いつビジネスの世界でゲームオーバーしてもいいよう、

日ごろからいろんな対策を考え、実行を重ねています。

 

余裕こいて休んでいる暇なんて全然ありません。

 

普段まったりと過ごしていると「最悪な状況」を考える機会というのがあまりないかもしれませんが、

たまにはそういったことも想像してみるのもいいですよ。

 

今、なんとかしなきゃ。と危機感が沸きますから。

 

あとがき

傘をよく忘れて帰ってきます。

それも、新しかったり良い傘に限って。

 

逆に、ボロボロで骨が折れたような傘はちゃんと持って帰ってくるんですよ。

これなんでしょう。

 

傘の呪いかなんかですかね。

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-お知らせ
-, , , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.