リサーチ

商品リサーチ手順の解説【2.商品ASINをコピー&ペースト】

更新日:

仕入れ判断をするためのASINコピペ作業

商品リサーチ方法の解説第三回目です。

例のごとく手順の概要はこちらに貼っておきます。

 

今回は仕入れ判断をするための前段階の作業になります。

商品ASINコードをひたすらコピー&ペーストするだけなので、

頭は一切使わず手だけ動かしていきましょう!

 

商品リサーチ【2.商品ASINをコピー&ペースト】

①選んだ商品のURLからASINをコピーする

これから各サイトにASINコードをペーストしていくので、

どんな方法でも良いので商品のASINをコピーしてみてください。

 

僕はURLからASINをコピーする方法を取っていますが、

拡張機能からでも商品ページから探しても問題ありませんので、

方法はお任せします。

 

URLからからコピーする方法は、

Bから始まるアルファベットと数字の組み合わせ部分がASINである可能性が高いです。

青く囲っているところがそうですね。

 

とりあえず今回は、

前回登場したセラーさんの

一番売れている左上の商品を例に解説いたします。

 

②セラーセントラルの商品登録画面にペーストする

次にセラーセントラルの商品登録画面に

ASINをペーストしましょう。

するとこんな感じになります。

 

青枠のところにASINをペーストして下さい。

この画面にASINを入れた意味は次回詳しく解説しますが、

その商品がAmazonに出品できるかどうかを確認する目的があります。

 

③ASINをモノレートにペーストする

さらにその次は

モノレートにASINをペーストします。

 

モノレートはこのビジネスにおいて必要不可欠なツールなので、

今後も何度も使い方をご説明していきますね。

一言で言うなら商品の売れ行きを確認するサイトです。

 

④ASINをAmazon.comにペーストする

Amazon.comはアメリカのAmazonのことですね。

 

青枠で囲ったところにASINをペーストして下さい。

Amazon.comを使うのは商品の日米価格差を調べるためです。

価格差があればあるほど、儲かる商品というわけです。

 

⑤ASINとAmazon.co.jp価格をFBA料金シミュレーターに入力する

最後にFBA料金シミュレーターに

ASINと日本Amazonの価格を入力しましょう。

 

僕はAmazon FBA Calculator Widgetを使って

入力を効率化しています。

この拡張機能は

商品ページからボタン一つでASINと金額を入力、

そして表示までを行ってくれる代物です。

 

どちらの方法を使っても問題ありませんが、

Amazon FBA Calculator Widgetを使用したケースの方が

だいぶ早いと思います。

ASINを入力したら

価格も入力するのを忘れないようにしましょう。

皆さんはFBAをお使いになるはずなので、

青枠で囲ったところに金額を入力して下さい。

 

このFBA料金シミュレーターを使うのは、

Amazonのプラットフォームを使用する際に発生する

手数料を計算する目的があります。

 

今回の記事はこのあたりで終了です。

今回、各サイトに入力いただいたので、

仕入れ判断をする上での必要な情報は出そろいました。

次回はその情報を使って

どのように仕入れ判断をしていくのか解説いたします。

 

今回のホンマエ

2.商品ASINをコピー&ペースト

①選んだ商品のURLからASINをコピーする

(拡張機能によりサムネイルからASINをコピーでも可)

②セラーセントラルの商品登録画面にペーストする

③ASINをモノレートにペーストする

④ASINをAmazon.comにペーストする

⑤ASINとAmazon.co.jp価格をFBA料金シミュレーターに入力する

(Amazon FBA Calculator Widgetを使えばワンクリックなのでこちらを推奨)

あとがき

これまでに結構な頻度で

FBA料金シミュレーターという単語を使ってきましたが、

そのほとんどがシミュレーターではなく、

シュミレーターとなっていることに気が付きました。

 

思い込みは怖いもので、

自分の頭ではシミュレーターが正しいとわかっていても

何気なく単語を打つときに間違っているもんですね。

 

似たような例だと、

僕は静岡生まれ静岡育ちですが、

地元の9割以上の人は「しずおか」

「しぞーか」と発音します。

そのため、静岡という単語を入力する際には

高頻度で「しぞーか」と打ってしまい、

「あ、またやっちゃった」

と修正をしています。

 

たぶんこういう間違いは

一生直らないんだろうなぁ。

フォローいただけると更新を見逃しません

お気軽にシェアしてください

-リサーチ
-, , , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.