物販・ビジネス

もし、今倒れたらどうする?【もしものときのリスク対策】

更新日:

輸入ビジネスにおけるリスクとは

何事もリスクを負わなければ前進することはできません。

少しでも前に行きたいと思うなら、

リスクは嫌でも多少なりとも負わなくてはいけないものになります。

 

僕も輸入ビジネスにおけるリスクは事前に調べており、

それなりに分かったつもりでいましたが、

実際にトラブルに巻き込まれてみて

新たに発見したこともありました。

 

今回は数あるリスクの中でも

入院等で輸入ビジネスを一時中断するリスク

についてお話いたします。

輸入ビジネスを一時中断しなくてはならないときの問題

Amazon輸入において最大のリスクアカウント停止・閉鎖です。

次点のリスクが消し飛ぶくらいのインパクトを持ったリスクですね。

アカウントを抑えられてしまうと、

資金繰りがダメになるわ、在庫の行き場を失うわ、

アカスぺへの対応に追われるわで

連鎖的に問題が山積することになります。

ぷよぷよの消せない大きいブロックみたいですね笑

 

だからこそ、アカウント停止・閉鎖系のリスクは

日ごろから注意して、最小限にしておかなくてはなりません。

しかし、自分が入院をしてみて、

輸入ビジネスを一時中断しなくてはならないリスクも

なかなか見過ごせないものだと今回わかりましたので、

考えられる問題をまとめてみます。

 

①スマホだけでは対処できない

読者の皆さんは輸入ビジネスは基本的には

パソコンを使っていると思います。

やはり普段使っているパソコンはとても重要で、

これなくして輸入ビジネスは成り立ちません。

スマホでリサーチや管理表を使えないことはないですが、

恐ろしく時間がかかり非効率の極みです。

 

②データ制限にすぐ引っかかってしまう

普段の作業をスマホもしくはデザリングで行おうものなら

一瞬でデータ制限に引っかかってしまいます。

 

たとえば、前回のブログを書くだけで

5500MB(5.5GB)を使用しました。

僕の楽天モバイル2か月分のデータが

30分で吹き飛んだわけですね笑

 

③資金繰りができない

僕は銀行関係とクレジット関係のデータは

デスクトップパソコンにエクセルで入れています。

そのため、入院してデスクトップから離れてしまうと

締め日や支払日、残高がわからなくなってしいます。

 

念のためスマホに各金融機関のアプリを入れていたり、

マネーフォワードを登録していたので

スマホからでも何とかできましたが、

もし対策していなければかなり困りました。

 

④MyUSの転送指示が出せない

一度入院してしまうと、

自分が家に帰らない限りは

転送会社への転送指示は出すことができません。

 

これは自宅にご家族がいらっしゃる方でもそうだと思います。

ご家族の方が自分の代わりに何でも作業して下さるなら別ですが、

そうでなければ荷物が届いても家のスペースを圧迫する罪庫です。

 

関連して、一か月以上MyUSに置きっぱなしになっている商品は

一つにつき毎日1ドルずつ徴収のペナルティもあります。

 

⑤注文からすぐに発送ができない

Amazon自己発送商品やメルカリで注文が入っても、

すぐに商品は発送できません。

 

結構忘れがちですが発送遅延を起こしてしまうと

アカウントにキズがついてしまうので注意が必要です。

 

⑥その他トラブルが起きても自由に対処できない

病院は入院患者の一日のスケジュールを組んでいます。

さらに、基本的に外出は許されません。

これはつまり

何か起きても早急に対処できないということです。

 

問題によってはコンサルの先生や物販同業者の方、

税理士や弁護士の先生等に相談したいことかもしれません。

 

普段なら多少忙しくても

先方さんやトラブル関係者の方に合わせて都合をつけることができますが、

入院中は看護師さんがルールなので

病院内のルールには従わなくてはなりません。

嫌なんて言ったら放り出されます笑

 

たとえ小さなトラブルであっても

放置してしまうことで大きなトラブルに繋がることもあるので、

トラブル対応の遅れは極力ない方がいいですね。

 

「いつか」は「いま」かもしれない

僕は入院当日の朝まで、

まさかこれから緊急入院するとは思ってもみませんでした。

みなさんもこの記事をお読みいただいて

「いつかは入院することもあるかもしれないから準備しなくちゃな」

と思われるかもしれません。

しかし、そのいつかはこの後すぐなのか

10年先に来るのか誰にも予想ができません。

 

できるなら今手遅れになる前に

一時的に輸入ビジネスから離れなくてはならなくなったときの

準備をしてはいかがでしょうか。

 

今回、年末商戦の真っただ中でなくて、

本当の本当によかったと心から思いました。

 

今回のホンマエ

突然入院した時のリスク

・スマホではAmazon輸入できない

・たとえPCが使えてもデータ制限はすぐ訪れる

・スマホでの資金繰りは難しい

・MyUSの荷物の問題

・商品発送ができないことでアカウントにキズがつく

・その他トラブルに迅速な対処ができない

 

あとがき

入院生活も明日かあさってで終わりです。

ものすごく充実していて

一日があっという間に過ぎて行っています。

 

お風呂は自由に入れるし、食事は最高だし、

本も借りれてコンビニもあるので

とても充実した入院ライフをおくっています笑

このままずっと入院していても

結構幸せな生活ができる気がしてます笑

 

ただ、せっかくの物販と離れる珍しい機会なので、

普段できないことをしながら有意義に時間を使っています。

 

例えばこんなことをしています。

・ビジネス本を読み返す

・起業と融資にまつわる小説を読む

・情報発信の戦略のブラッシュアップ

・Facebookページの再構築

・広告の実験と検証

・インスタグラムのアカウントを追加して2つを使い分ける実験

・看護師さんと病院関連ビジネスでできそうなものがないか話し合い

 

こんなことをしていると一日がマッハで過ぎて行ってます。

僕は最高の病院に入院できたと

不幸中の幸いに感謝しています。

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-物販・ビジネス
-, , , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.