リサーチ

Amazon輸入において商品のタイプを分散させる意義

更新日:

Amazon輸入で取り扱うことができる商品は

10万点程あると言われています。

 

この10万点を分類する方法として、

おもちゃカテゴリーやスポーツカテゴリーなどの

カテゴリーで分ける方法が一般的ではありますが、

リサーチの視点から従来と違った分類方法もあるので、

今回はそこについて解説いたします。

 

理想的な商品以外も儲かる商品

輸入ビジネスにおいて理想的な商品とは、

小さくて、丈夫で、軽い、高額な、利益率の高い商品です。

最後の「利益率の高い」は他と被っているかもしれないので、

除いても良いかもしれませんね。

 

つまり、この理想的な条件に合致する商品が

全セラーに狙われることになります。

まさにサバンナで足をくじいたシマウマのごとく、

肉食獣が一気に襲い掛かって来るわけです。

 

となると、この条件に合致する商品だけでなく、

他の視点からも儲かる商品を探した方が

ライバルを出し抜けると思いませんか?

 

輸入ビジネス初期における、

取り扱う商品タイプは分散するに限ります。

ベテランになれば自身の専門分野を持った方が稼げる

という判断をすることもできますが、

初心者でいきなり商品タイプを集中させてしまうと

稼げる機会の損失の方が大きいです。

 

よってAmazon輸入初心者のうちは商品の特徴を知り、

取り扱う商品タイプを分散させていくことが

効率的にビジネスを回すコツになります。

そのことにより、かねてから僕が申し上げている

幅広い商品知識の勉強ビジネスの拡大が同時に行えることに繋がります。

 

次回予告

これから当分の間、

各商品タイプを一つひとつ紹介させていただきます。

 

例えばDVDならこんな感じになります。

「リサーチが簡単にできて商品自体が軽く

世界中から仕入れることができる。

けれど、Amazonの規制が厳しくなっているので、

取り扱いはほどほどにした方が良い。」

という具合です。

次回以降の記事ではもう少し深掘りするつもりですが・・・・

 

このテーマで記事を書くとなると、

正直なところいつ終わりが来るのか見えてこないのですが、

需要があるテーマだと思うので、

僕の知る限りの情報を皆さんにご提供したいと考えております。

 

今回のホンマエ

・輸入ビジネス初心者は商品タイプをバラした方が稼げる

・利益を優先するより、

まずはどんな商品があるのかを知ることが大事

・商品の特徴を勉強した後は、実際に仕入れて知識を自分のものにする

 

あとがき

たった今ラッコさんのコンサルティング第5回目が終わりました。

今回は僕の輸入ビジネスの方向性について相談させていただきました。

 

ラッコさん曰く、

僕が向いているのは海外からニッチな優良メーカーを探して魅力的にPRすること

とのことです。

 

これまで4回しかお話させていただいていないのに、

このように短期間で相手の特徴を見抜き

的確にアドバイスできることに尊敬します。

 

きっと今まで多くの方を分析されて

相手に伝わる言葉を無数の中から選んでこられたご経験から

こういったことが言えるのでしょうね。

 

僕も自分のスキルをさらに高めて

人のために使えるようになりたいと気合いが入りました。

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-リサーチ
-, , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.