Amazon

Amazon評価削除依頼にまつわるウワサ

更新日:

Amazon評価の削除依頼のお話の最終回です。

削除依頼の手順はこちらを参考にされてみてください。

 

手順の解説から始まり、

前回は効果的に削除依頼をする方法をお伝えしてきました。

最終回の今回は評価削除依頼にまつわる数々のウワサを紹介いたします。

 

テクサポに聞いても内部情報までは教えて下さらないと思うので、

検証のしようがないですが、

とりあえずそういうウワサもあるよ程度に聞いていただけると

もしかしたら役立つことがあるかもしれません。

 

Amazon評価削除依頼にまるわるウワサ

2017年夏までの評価削除のしくみ

去年の夏まではゴールデンウィークやお盆等の長期連休、

土日の深夜から明け方にかけてはほぼ機械削除だったそうです。

 

万が一担当判断で削除ができなければ、

再度削除依頼を出すことで削除できる可能性もありました。

 

最初の依頼が閉じてしまうと二度と評価が消せなくなってしまうので、

ケースが開いているうちに連続依頼すればチャンスがあったそうです。

 

2017年秋からの削除評価のしくみ

Amazon評価削除依頼は2017年秋から時間や時期に関係なく

プログラムがキーワード判定に切り替わったそうです。

特定のキーワードが入っていれば問答無用で削除、

それ以外はテクサポ判断になったとのことです。

 

この変更により、

同時期に一度削除依頼をして消せなかった評価も

再度削除依頼ができるように変更になりました。

 

これは削除キーワードプログラムの更新によるテストも兼ねる理由から

そうなったとのことです。

 

この秋口の変更で、

今まで人員不足の時間帯に削除依頼で無理やり削除することができていたものが、

最近ではなかなか削除できないといった事案も多発しているようです。

 

お客さんにそれとなく削除依頼をしてもなかなか消してもらえない

前回の記事で、

どうしても削除依頼が通らないときは

最終手段として

お客さんに削除依頼をするという方法をお伝えしました。

 

申し訳ありません。

もしかしたらこの方法では

なかなか削除ができないかもしれません。

 

僕自身もこれまでこの方法で削除いただいた経験がありませんし、

同業の方へ聞いてみても難しいという意見を耳にします。

削除依頼の文章もかなり凝ってつくれば確率は上がるかもしれませんが、

一度いただいた評価を覆していただくのはお客さんとしても手間ですし、

そもそも間接的にお願いしなければならないという縛りがあるので

難易度は高いです。

 

今回のホンマエ

・以前は評価削除依頼がガンガン通っていた

・最近はキーワード判定なので依頼が通らないものはトコトン通らない

・お客さんに削除依頼をしても評価のし直しをしてもらうのは難しい

あとがき

最近寝不足です。

商品リサーチを夜な夜ながんばっているから・・・・・

ではなく!

夜遅くまでモンスターハンターをやっているからです!笑

 

ただでさえキャパオーバーになりかけていたのに、

そこへゲームなんかやり始めてしまったので

スケジュールがカツカツになっています。

 

以前の記事で必死になったらダメだよと言っていたのに

いつのまにか日々の生活が必死になりかけてます。

タイムマネジメント気をつけねば。

 

そんな毎日でも同業の方からお電話やメールをいただければ

絶対に対応させてもらうようにしています。

やっぱりご連絡いただけて嬉しいですし、

わざわざ連絡くださるということはそれなりの理由がありますしね。

 

これからもどんなに忙しくてもご縁は大切にしていきたいと思います。

フォローいただけると更新を見逃しません

-Amazon
-, , , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.