リサーチ

【利益率が下がる原因と対策】送料を払いすぎているケース

更新日:

輸入ビジネスでは基本的に、

転送会社を利用して海外から日本に商品を送ります。

 

それに加えて、

自宅からFBA倉庫まで商品を納品するのにも配送会社を利用していますよね。

 

これって結構な費用がかかっている部分なんです。

送料の費用がどれだけかかっているのか考えないと

大きく損しているかもしれませんよ?

 

送料に関わるもの

最初にお話したように、

送料に関わるのはMyUSなどの転送会社。

FBAまでの配送会社。

そして海外Amazonからの直送費用なんてのもありますよね。

 

リサーチでどれだけ安く仕入れることができたとしても、

送料で大きく持ってかれてしまうと利益を圧迫してしまうので、

ものすごくもったいない。

 

だから、安く仕入れるのと同じくらい意識して

いかに転送料・配送料・直送料を安くできるかが利益を守るためにとても大事。

 

送料を安くするためにできること

転送料(MyUS)のコストカット

送料の中で最も大きなウェートを占めるのが、

なんといっても転送料ですよね。

 

アメリカにはいろんな転送会社がありますが、

僕がお世話になっている会社は人気№1のMyUSさんです。

 

MyUSには賛否両論ありますが、

ダントツの価格の安さに他のデメリットが全てかき消されてしまいますw

 

もう読者の皆さんはアメックス割引はされていますよね?

30%も割引になるのでアメックスを登録することはマストです。

 

あとは、転送量を意識してください。

「ホンマエではスピード命といつも言ってるじゃないか!」

とクレームが来そうですが、

利益を守るためには重量もとても大事な要素です。

 

輸入ビジネスを始めたころは少ない重量で発送することも仕方ありませんが、

物量が多くなってきたらスピード以外にも重量も少し意識してみて下さい。

 

僕の主観ですが、

副業でやられている方は70ポンドくらいがちょうど良い感じがします。

皆さんそれぞれ資金も重量も違うので一概には言えませんけどね!

 

配送会社(佐川さん等)のコストカット

ニュースでもよく取り上げられていますが、

日本の配送会社は人手不足と賃金上昇の影響を受けており、

配送料がドンドン高くなっていています。

 

つまりこれらの問題の余波を受けているのは、

一般消費者もそうですけど僕たち物販事業者なんですよね。

 

だからと言って「送料が値上がりしていくのは仕方ないよね」

で済まされるような問題でもありません。

 

物販事業者も利益が出なくては食べていけないので、

こういった状況でもなんとかして安く配送できる道はないのか探るべきです。

 

パッと思いつくだけでも以下の選択肢がありますので、

「FBA納品の配送料が高いなぁ・・・」

と日々お考えの方は全部調べてみると

今より安い方法が見つかるかもしれません。

 

・FBAパートナーキャリア

・ヤマト便

・CC便

・配送会社との後納契約

・配送会社への荷物持ち込み

 

海外Amazonからの直送のコストカット

まず直送をしたことないという方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

アマゾン輸入では転送会社を利用して日本に商品を送るのが一般的なので、

直送自体やったことがないという方が一定数いらっしゃると思います。

 

また、「ヨーロッパだったら直送したことがあるけど、

わざわざアメリカから直送するのは意味がわからない。」

という転送会社一本派の方もいそうですよね。

 

アメリカAmazonから直送するのは大きい商品、

重い商品のときです。

MyUSで送るとどうしても転送料がかさんでしまうので、

一旦Amazon決済画面で直送の見積もりをチェックしてみましょう。

 

必ずしも直送が転送会社より安いということでもありませんが、

重い商品は体感的には3割くらいの確率で安いことがあります。

 

ちょっと一手間が面倒ですけど、

利益率を上げるために是非やってみてください!

 

 

今回のホンマエ

・安く仕入れるのと同じくらい送料を安くすることを意識する

・安さ№1のMyUSのメリットを利用しつくす

・FBA納品の配送方法はいくつもあるので最も安い方法を選ぶ

 

あとがき

中学から仲良くしている友人が

ホンマエを紹介してくれています。

 

TwitterやFacebookなど、

あらゆる媒体で紹介してくれたり

友人にも勧めてくれてるようでとても嬉しいです。

 

ブログを人に勧めるときというのは、

「もし変なこと書いているブログを勧めて、

自分もアヤシイヤツと思われたらどうしよう」

という不安もあるので

結構勇気が必要な気がするのは僕だけでしょうか?

 

輸入ブログというのは副業ジャンルの中でのかなりマイナージャンルなので、

どうしても多くの方には見てもらいにくい性質があります。

 

なので、こうやって知人に「このブログいいよ!」

とオススメしてくれるのはすごくありがたいし

嬉しいです!

 

フォローいただけると更新を見逃しません

-リサーチ

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.