Amazon

アメリカAmazonに返品する商品の送料負担を依頼する方法

更新日:

アメリカAmazonに問い合わせをすることは

前回の記事の手順で行えばそれほど難しくありません。

アメリカAmazonに問い合わせをする手順【前編】(画像付き)

アメリカAmazonに問い合わせをする手順【後編】(画像付き)

しかし、問い合わせフォームにたどり着いたからといって、

英語で質問するというのは少々ハードルが高いかもしれません。

 

そこで今回は問い合わせをするときには

どのような英文を送ったら良いのか基礎的なお話しをします。

 

問い合わせの理由の大半は

返品する商品の送料負担のお願いか荷物が届かないということなので、

特に送料負担の依頼についてやっていきましょう。

 

相手に伝われば拙い英語でもOK

日本人は中学から大学まで英語を勉強してきていますが、

実際に外国の方とコミュニケーションをとる授業時間は少なかったりします。

 

その関係で極度の英語コミュニケーションアレルギーが出てしまっている人もいるかもしれませんね。

そんな方はもう英語は諦めて全部日本語で攻めていきましょう!

 

どういうことかというと、

Google翻訳に頼り切るというやり方を取ります。

 

Google翻訳依存コミュニケーション

英語が特に不自由ない方は

もう普通に日本のAmazonに問い合わせる感覚で連絡していただければ良いですが、

抵抗感のある方は中途半端に英語を考えてストレスを感じるくらいなら

翻訳ツールに頼り切ってしまった方が早いですしストレスフリーです。

 

最近の翻訳ツールの性能はかなり高いです。

間違っている翻訳も結構してしまいますが、

案外海外の方へは言いたいことは伝わるものなのでそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

 

キーワードが入っていれば伝わる

大事なことは言いたいキーワードがしっかり入っているかです。

 

「あなたは商品の返金をしたいと思ってございます。

送料は私に払ういいと思います。

良い一日お願いします。」

 

上の文章は主語も述語も言葉の使い方もめちゃくちゃです。

でも、なんとなく意味がわかりませんか?

返品したいから送料を負担してもらいたいんだなくらい簡単に予想できます。

 

それは商品・返品・送料のキーワードがしっかり入っているからです。

 

翻訳ツールを使うとめちゃくちゃな英語になりやすいですが

キーワードはしっかり入っている可能性は高いので、

そのあたりがぼくがGoogle翻訳をおすすめする理由です。

 

返品の送料負担の文章をGoogle翻訳でつくってみる

では、実際に返品する商品の送料をAmazonに負担してもらう文章を作ってみましょう。

日本語だとこんな感じです。

 

「こんにちは。

先日購入した商品を返品したいです。

私は日本に住んでおり、

アメリカの転送会社を利用して商品を送ってもらいました。

 

もし私がアメリカまで商品を送るとなると、

返金の代金よりも送料の方が高くなってしまうので

どうしたら良いでしょうか?」

 

次はこの文章をGoogle翻訳にかけてみます。

「Hello.

I'd like to return items purchased the other day.

I live in Japan,

I sent an item using an American transfer company.

If I will send goods to America,

Because the shipping fee will be higher than the price of refund

What should I do?」

 

わりと伝わる英語になっていませんか?

ちょっとアレって思うようなところも見られますが、

まぁまぁ伝わる英語になっています。

 

英語で質問するのってこんなに簡単なんです。

 

荷物が届かない質問をGoogle翻訳でつくってみる

せっかくなので

荷物が届かなくてAmazonに問い合わせる質問もやってみましょう。

 

「こんにちは。

私はAmazonから商品を購入しましたが、

発送された商品がまだ届きません。

商品名は○○〇です。

トラッキングナンバーは□□□です。

商品がどういった状態なのか調べてもらえますか?」

 

これをGoogle翻訳にかけるとこうです。

 

「Hello.

I purchased items from Amazon,

The shipped item has not arrived yet.

The product name is ○ ○ ○.

The tracking number is □□□.

Could you please check what kind of condition the product is?」

 

やっぱり読みやすい英文にはならないですねw

それでも最低限ぼくがどういったことを質問したいのか趣旨だけは伝わるはずです。

 

大事なキーワードがここでもしっかり入っていますからね。

 

Google翻訳を使いこなす

今回は敢えてしっかりした質問のための英文を載せませんでした。

それには理由があります。

 

なぜならテンプレートには限界があるからです。

こちらから一方的に質問をする分には最強なのですが、

相手からの返答に対して反応するにはとても弱いのがテンプレです。

 

先方さんがこちらから質問した内容にそのまま答えてくれることもあれば、

意外な角度で切り返されることもあるので、

そんなときのために応用を利かせられるよう

翻訳ツールを使いこなせるようになりましょう。

 

何度も繰り返しますが大事なことはキーワードが入っているかどうかです。

主語述語なんて無視でいいです。

 

細かなことを気にしだすときりがないので、

極力時間をかけずストレスフリーでやるのがぼくのやり方です。

 

今回のホンマエ

・英文のやり取りは100%Google翻訳に依存してOK

・英文はキーワードが入っていればちゃんと相手に伝わる

・翻訳ツールは英文⇒日本文、日本文⇒英文の両方向で役立つ

 

あとがき

(このブログは前日に書いています)

これからコミュニティでお世話になっているラッコさんの交流会に参加させていたただきに

東京へ行ってきます。

 

せっかく東京へ行くならとTwitterで仲良くさせていただいている友人に連絡させていただいたところ、

一つ返事でお会いさせていただくことになりました。

 

ぼくは本当に人に恵まれています。

こういったご縁を大切に、これから飲み過ぎないように楽しんできたい思います!

 

 

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-Amazon
-, , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.