Amazon

Amazon本体がカートを獲得できていない商品の利用法

更新日:

Amazon販売において

カートをいかに多く獲得できるかが売上を大きく左右します。

 

だからこそ、ぼくたちはいかにしてカート獲得率を高められるか

日々考えを巡らせているわけですね。

 

Amazon本体と戦うのは危険という常識

Amazon本体が出品している場合は、

かなりの確率でサードプレイスセラーつまりぼくたちマーケットプレイスセラーは

Amazon本体にカートを奪われてしまいます。

 

その結果、せっかく仕入れた商品がカートを獲得することなく

いわゆる「ツミ」の状態に入ってしまいまうと、

後はかなり厳しい結末しか残されていません。

 

しかし、このAmazon本体。

いつも必ずカートを獲得できているわけではないということはご存知でしたか?

 

そのことを上手く利用できれば

自分だけカートを独占ということもありえますので、

今回はそういった商品の見極め方を解説します。

 

大多数のセラーはAmazon本体から逃げていく

Amazonというプラットフォームを利用しているセラーなら、

Amazon本体が出品しているページには出品すべきでない

ということを常識レベルで知っています。

 

自分が出品しているページに後からAmazon本体が入ってくる状況なら

仕方なくAmazon本体とも戦わなくてはなりませんが、

何も好き好んでAmazon本体とカート獲得対決を挑む

クレイジーなセラーはそう多くはいないでしょうw

 

ということは、

逆に考えるとAmazon本体が出品しているにも関わらずカートが取れていない商品に出品すれば、

皆が逃げていくので

自分だけカートを独占ということもあり得ませんか?

 

チャンスを逃さない

もちろん、そんな美味しい状況はそうそう生まれませんし、

見つけることも簡単ではありません。

 

だからこそ、

たまたまそういった商品を見つけたときには

絶対に見逃さないように普段から意識して

リサーチする必要があります。

 

Amazon本体が出品しているにも関わらずカート獲得できていないケース

Amazon本体が出品していてもカートを獲得できていない状況は2種類あります。

 

Amazon本体より安値で複数のマーケットプレイスセラーが出品している

Amazonでカートを獲得するための要素はいくつかありますが、

全体の条件が似たり寄ったりであれば結局のところ、

大事なのは価格です。

 

それはAmazon本体とのカート獲得対決にも当てはまります。

 

もし、Amazon本体が値下げをしたとしても、

それ以下の価格で出品していればカート獲得はでき得ます。

 

Amazon本体のみが出品していて価格が動いていない

なかなかこのケースを見かけることは少ないですが、

見つけたときには逃さないようにロックオンします。

 

どういう理由かはわかりませんが、

一般的なAmazon本体はカートを獲得できるまで値下げし続けてくるところ、

中には価格が一切動かないAmazon本体のページも存在します。

 

多くのセラーはAmazon本体と戦っても勝てないことを知っているので

たとえ価格が動かないAmazon本体の出品しているページだったとしても

そのページに出品してくることはめったにないんですね。

 

だからこそ、そのチャンスを大いに利用しましょう。

価格が動かないことを確認でき来たら、

あとはAmazon本体より安い価格で出品してカートを獲得できているか日々チェックします。

 

とりあえず1か月程定点観測して

問題なく常に自分がカートを獲得できているようであれば、

後は商品が売れるたびに補充するだけという簡単なお仕事ですw

 

Amazon本体に極端に怯えない

今回の例のようにものすごく条件に恵まれた商品に出会う確率はかなり低いですが、

Amazon本体だからといって必ずカートを独占できているわけではないということを知っておけば

そこをうまく利用する方法はいろいろ考えられます。

 

リサーチしていて

「あ、またAmazonが出品している。

どうせ出品しても勝てないし、次の商品探すか。」

となっている方も多いかもしれませんが、

ココでほんの少し立ち止まって考えてみて下さい。

 

「Amazon本体がいるからみんな嫌がるだろうな。

過去のカート獲得状況はどうだろう。

本体以外がカートを獲得している記録はないかな。」

と、他のセラーよりもう一歩先に進んで考えられれば

せっかく見つけたチャンスを生かすことができるかもしれません。

 

 

Amazonの価格調整の動き

Amazon内のカートに関するルールは日々変化しています。

 

これを難しい専門用語で言うと、

アルゴリズムの変化というらしいですね。

 

ぼくたちマーケットプレイスセラーのカート獲得アルゴリズムも

Amazon本体のアルゴリズムも日々変化しているので、

この原因や今後の予測を立てようとしても、

それは不可能ですし無意味です。

 

大事なことはカートアルゴリズムは変化しているということを知り、

カート獲得に一喜一憂しないというカートに振り回されない姿勢を貫くことじゃないでしょうか。

 

今回のホンマエ

・多くのセラーがAmazon本体が出品している商品は避ける

・Amazon本体だとしても価格調整の動きは様々

・チャンスだと判断したらAmazon本体がいても出品していく戦略はアリ!

 

あとがき

Amazon輸入を始めてから映画館に行く頻度は相当高くなりました。

 

今までは年に1回行けば良い方だったんですが、

最近では月に一回は映画館へ足を運んでいる気がします。

 

経費で映画を観れるというメリットもありますし、

日々フィギュアとかを触っていると興味出てきちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

 

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-Amazon
-, , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.