リサーチ

マーケットプレイスセラーから仕入れるときのリスク

投稿日:

Amazon輸入ではAmazon本体から仕入れることがベストですが、

いつもがいつもそうできるとは限りません。

 

商品によってはAmazon本体よりマーケットプレイスセラーが圧倒的に安いときや、

Amazon本体が過去に出品した記録のない商品もたくさん存在します。

 

そんなときは、

Amazon本体じゃないからといって諦めるのは

大きな機会損失です。

 

その商品が自分の仕入れ基準を満たす商品なのであれば、

そこはサードプレスだろうと積極的に攻めていった方が良いというのが僕の意見です。

 

ただし無暗にどんなセラーからも仕入れてしまうというのは無鉄砲過ぎるので、

今回はマーケットプレスセラーから仕入れるときのリスクを紹介したいと思います。

 

悪質なマーケットプレイスセラーから仕入れるリスク

偽物を仕入れてしまう

マーケットプレイスセラーから仕入れる最大のリスクは、

偽物を掴まされてしまうことです。

 

ご存知の通り、

Amazonは真贋に対して異常なほど神経質になっています。

 

偽物を販売してそれがAmazonに発見されてしまうと、

かなりの確率でアカウント閉鎖です。

 

状態が悪い商品を仕入れてしまう

Amazon本体が「新品」の状態と記載しているにも関わらず、

破損した商品を送ってくることはめったにありません。

 

まぁ100件に1件あるかもしれないですw

 

ただし、マーケットプレイスセラーはAmazonほど自社の信用やブランドイメージを気にしていないことが多いので、

セラーの倫理観によっては

新品の状態と記載されていたにも関わらずボロボロなものを送ってくることがあります。

 

そういった商品は中古品として売るしかないので、

利益率や回転率は下がることとなります。

 

発送遅延や紛失

Amazon本体もここ最近では発送遅延が目立つようになってきましたが、

マーケットプレイスセラーの遅延率の方が数倍高い印象です。

 

控えめに言いましたが、

もし自己発送とAmazon本体を比較すると10倍の差では効かないかもしれないですね。

 

それくらいいいかげんな仕事をしている自己発送セラーは多いので、

しっかり見極めないとリードタイムが伸びることになってしまいます。

 

また、紛失事件が発生するのもマーケットプレイスセラーに多いですね。

 

正直なぜそのようなことになるのか全く分かりませんが、

紛失が発生するとその商品の原価にかかった費用も痛いですが、

紛失を調べる時間の方がもっと痛いです。

 

どこに原因があるかを調べるためには、

サードプレイスセラーだけでなくMYUSにも連絡する必要があるので、

原因究明にはすごく時間がかかります。

 

それで問題が解決すれば良いですが、

ぼくのこれまでの経験上では商品が見つかることはほとんどないので、

まさに徒労といった感じになりやすいです。

 

詐欺

これは日本でも一時期話題になりました。

 

マーケットプレイスセラーの中には

商品代金を支払ったのに商品を送らないといった詐欺セラーも存在するので、

注意しましょう。

 

今回のホンマエ

・Amazon本体から仕入れられるときは多少高くても本体から仕入れる

・安値に目がくらんで悪質なマーケットプレイスセラーから商品を仕入れると思わぬ損失を被る

・マーケットプレイスセラーから仕入れるときはリスク覚悟で行うこと

 

あとがき

最近たるんでいます。

 

物販や塾の方は順調なので、

ブログにだけですね。

 

一応マイルールを持っていて、

「毎朝6時に更新」という掟をこれまで破ったことはありませんでした。

 

それを今週は1週間内に2度も破って遅刻してしまいました・・・・・

たるんでます。

フォローいただけると更新を見逃しません

-リサーチ
-, , , , , ,

Copyright© 輸入副業でほんの少し前に進むブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.