輸入

アメリカ輸入代行業者の選び方

更新日:

輸入ビジネスをはじめると決めたなら輸入代行業者の利用は必須となります。

いくらITが発達したからといっても、輸入の面倒な手続きまで一切を任せられるようなシステムは残念ながら今のところはありません。

業者に作業をお任せすることで、自分は最低限の処理だけで海外から荷物を輸入できるので使わない手はありません。

そこで、今回はそもそも輸入代行業者とは何なのか。そしてどのような業者と契約すれば良いのかについて解説していきたいと思います。

輸入代行業者とは

はじめての輸入代行

海外からの荷物を日本国内に輸入するためには現地と日本国内の通関を通す必要があります。

この通関を通すためには面倒な手続きがあるため、個人で行うのは骨の折れる作業です。

その面倒ごとを代行してくるのが輸入代行の業者です。

輸入代行業者は、個人が海外で買い物をしてそれを一時的に預かり無事に日本の依頼主に届けることが仕事です。

この仕事の目的自体はどの輸入代行も同じなのですが、いくつかの形態があるためまずはその違いを抑えておきたいと思います。

個人輸入代行

これは一番一般的なタイプの輸入代行の形です。

シンプルに海外で買った商品を日本に届けることを代行するサービスです。

輸入代行と言ったら普通の人はこれを思い浮かべます。

ただし手数料が高いので、大量の荷物を定期的に輸入する場合はあまり適さない方法です。

あとは商品の購入まで代行して行うのでユーザーは何から何までも日本語だけで完結させることができます。

通関代行

こちらは商品の購入の代行まではしてくれません。

日本の通関を通すときに必要となる、インボイスや証明書を元に輸入申告をして通関を通すサービスです。

ちなみに輸入代行は誰でもできるものですが、通関代行は税関の通関業の許可が無ければできません。

それだけこちらの方が安心して利用できる形態ですね。

転送サービス

転送サービスや転送業者という単語事態、なかなか聞きなれないかもしれません。

転送業者は、ユーザーに現地の住所を貸し与えてそこに荷物を用意してもらい、まとめて日本に転送してくれます。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、自分の住所が海外にできてそこに買い物した商品をドンドンためていくとします。

そして、一定量の荷物がたまったらそれらをまとめて転送業者に輸入してもらい手間とコストを省くというサービスです。

転送会社についてまとめた記事はこちらからどうぞ
⇒転送会社まとめ

個人とビジネスの違い

紹介したサービスは有名な形態の輸入代行になりますが、それ以外にもまだいくつか種類はあります。

ただ憶えておいて欲しいのは、個人で使うのとビジネスで使うのでは目的が全然違うということです。

例えば、自分が海外で買い物をしたこともなく、海外旅行や外国人と話したこともない普通の日本人だとします。

すると海外のお店でどうしても買いたいものがあっても、なかなか気軽に手を出すことができません。

あなたが海外アーティストの大ファンで限定版CDや特製ポスターがアメリカでしか売っていなかったら、ちょっと買うのをためらいませんか?

そこで役に立つのが個人輸入代行業者です。

個人輸入のための代行業者は、購入から自宅までの配送まで一括して請け負ってくれるため、依頼さえしてしまえば後は安心して到着まで待つことができます。

このサービスはいわばユーザーに安心を売っているとも言えます。

一方で、通関代行や転送サービスはある程度輸入について熟知しているビジネスユーザー向けのサービスです。

個人輸入は確かに安心できるサービスですが、費用がかさんだり購入したいお店がサービスの対象外であったりと使い勝手の悪い一面もあります。

ビジネスユーザーは仕入れをして販売し、稼ぐことが目的です。

そうなると安心よりもいかに安く輸入できるか、自由度がどれだけ高いのかを重視することになります。

皆さんは輸入することにためらいも感じるかもしれませんが、欲しいのは「安心」ではなく「稼ぎ」ですよね?

そういった場合は、利用するのは個人輸入代行業者でなく、ビジネス向けのサービスということになります。

プライベートで使える個人輸入代行

ちょっと横道にそれますが、個人輸入をプライベートで使うことのメリットをお話します。

ぼく自身、輸入ビジネスをはじめる結構前から個人輸入代行の業者を利用しています。

日本で購入するとどうしても高いものや海外の方が圧倒的に性能が高いものなどは、普通に海外から取り寄せていました。

どんなものを輸入していたかといえば、基本的には薬事法に関わるようなものや食品です。

薬や食品など人体に影響を与える可能性の高いものは、ちょっと個人で輸入するのは難しいのでこういった業者を探して取り寄せてもらってました。

具体的には、サプリメントやコンタクトレンズ、シャンプー・リンス、各種薬を輸入しています。

有名な個人輸入代行3社

輸入代行業者と言えば、ほとんどが個人輸入代行業者のことを指すので、数ある代行業者の名からおすすめの個人輸入代行業者をご紹介したいと思います。

ビジネスに使えないこともありませんが、個人的に海外で欲しいものを買うときに使うのに適していますよ。

セカイモン

セカイモン

ぼくが一番利用したかもしれない個人輸入代行サービスです。

ebayの公認を受けているので安心感があります。

取り扱いの種類や点数も幅広いので、まず何を使ってみようという人にはおすすめする業者です。

Goopping

Goopping グッピングあの有名な転送サービススピアネットが運営するサービスです。

昔からあるサービスなので、愛好家の方も多いですね。

安心感はダントツじゃないでしょうか。

クロスボーダー

Xボーダー クロスボーダーAmazonを利用する人におすすめしたいのがこちら。

サイト内からAmazon商品を検索することができるので便利です。

同じくebayの検索にも対応しているのでサイトの使い勝手は抜群です。

転送業者を使うメリット

ビジネスで輸入代行を依頼するなら転送会社一択です!

専業で輸入をしている人なら輸入の申告を行うだけの時間があるかもしれませんが、副業で輸入ビジネスをする人に取っては自分の時間程貴重なものはありません。

面倒な輸入の手間は極力省いていくようにしましょう。

同時にいくら副業とは言ってもビジネスには変わりないのでコストも抑えていかなくてないけません。

そんな手間とコストのバランスが良いのが転送業者です。

コストを抑えられる

転送業者は個人輸入代行業者と比較して費用は圧倒的に安いです。

荷物の量が多くなればなるほど送料は安くなるので、一度にまとめて輸入すれば大幅にコストカットができます。

実は輸入ビジネスにおいて国際配送料というのは3大重要要素なので、非常に重要なんですね。

その理由についてはこちらを参考にしてください

⇒利益を上げるための勝利の方程式、公開します!

⇒MYUSの関税と消費税をクレジット払いにするとキャッシュフローがよくなるよ

複数の仕入れ先から購入できる

転送業者を利用していれば、Amazon以外にもebayやネットショップ、メーカーや卸など様々な仕入れ先から商品を仕入れることができます。

クリスマス商戦などでは、Amazon以外にも利益の取れるショップはいろいろありますので、そういった複数のネットショップから仕入れることができるのが転送会社を利用するメリットです。

他の形態では購入に対しての自由度は大幅に制限されてしまうことになるので、競合との差をつくりにくくなってしまいます。

やっぱりMYUSが一番!

マイユーエス MyUSここまで輸入代行業者についてお話してきましたが、輸入ビジネスに最も向いている業者はMyUSという転送業者です。

ここは何が一番かというと、圧倒的に安い国際配送料です。

どこから仕入れることができるかという自由度についてはどこの転送会社を利用しても変わりはありません。

ではどこでがつくかというと、送料の安さです。

その他にも日本語で対応してくれるとか、連絡のレスポンスが早いなどの比較ポイントもありますが、そこは輸入ビジネスにおいては考慮する点ではありません。

今はGoogle翻訳で日本語を英語に変換することも用意になりましたし、レスポンスが早くなったところで儲けに直結するわけではありませんからね。

もしあなたがこれから転送業者を探すという場合は、低コストのMyUSを強くおすすめします!

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(毎週金曜に配信!)

-輸入

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.