リサーチ

【利益率が下がる原因と対策】損切りセラーにつられたケース

更新日:

ホンマエでは毎回のように、

Amazon輸入ではスピードが命と言っています。

 

スピードは商品の回転から始まり、

支払いから入金までのタイムラグなど

ありとあらゆる面で関わりがあります。

キャッシュフロー健全化には損切は不可欠

その中の一つにキャッシュフローがあり、

キャッシュフローを健全にするためには、

どうしても商品の損切りが必要になってきます。

 

その損切りをする際には、

商品の平均的な価格を無視してでも値下げする場合があるので、

そのときに利益率は下がることとなります。

 

今回はそんな損切りについてのお話を致します。

 

損切りの影響

損切りという方法について聞いたこともない方もいらっしゃるかもしれないので、

少し説明します。

 

損切りとは自分が想定した以上に利益が減少する可能性がある際に、

ある程度の損失は覚悟してでも想定以上に利益の減少を防ぐ行為のことです。

 

どちらかというと、

物販の世界よりも株式とかFXの世界で使われる言葉です。

「株の値段がこれ以上下がらないようにこの辺で売って損切りするか」

なんて使うことが多いです。

 

まぁ要はリスクコントロールですね。

 

この損切りは自分がするときはもちろんのこと、

競合のセラーがしても影響を受けることになります。

 

自分が損切りするときの影響

自分が損切りして利益率が下がるというのは理解できますよね。

今まで5000円で売っていた商品を、

値下がりが激しいので将来的には3000円になることを予想しました。

なので、そこまで値下がりをする前に4000円で販売するとします。

この判断によって、1000円分損失を防いだと言えます。

 

このケースでは自分は5000円で売るつもりだったにも関わらず、

自主的に4000円で販売したので想定より利益率は下がることになります。

 

では、この次は競合が損切りして値下げした場合でも、

自分が影響を受けることについてお話します。

 

競合セラーが損切りする影響

影響というのは、

販売するために自分も値下げせざるを得ない影響

価格調整ツールによる自動値下げ機能による影響です。

 

まず、販売するために自分も値下げせざるを得ない影響についてお話します。

 

競合が商品の値下げを行った際には、

カートを獲得するために自分も追随して値下げをするしか選択肢がありません。

ここではなぜ競合が値下げをしたのか理由については無視します。

(値下がりを恐れたのか、早く現金化したかったのか、月利を上げたかったのか)

 

ここでは、その競合セラーが消えるまで待つという待ちの戦略をとることもできますが、

自分もキャッシュフローを悪くしたくなければ

どうしても追随して価格を値下げるしかありません。

 

これが一つ目の影響です。

 

対策としては、競合セラーが損切りしていることを読んで冷静に対処することです。

 

もしその値下げセラーにつられて全セラーが値下げする場合は、

自分も右習えで値下げするしかないかもしれません。

もし、値下げセラー一人だけが値下げしているなら、

そのセラーが消えるまで待ちの戦略をとることが有効かもしれません。

 

このようにパターンは無数にあるので、

必ず有効な策というのはありませんが、

冷静に対処すれば必ず対処できることなので、

漠然と自分も値下げするということだけはしないようにしてください。

 

次に、価格調整ツールによる自動値下げ機能による影響ですが、

これはプライスターやマカドなどの自動価格調整ツールを利用している方

モロに影響してきます。

 

ツールにも価格調整の設定はありますが、

機能を有効に使うためには、

基本的にはカートを獲得できるように設定します。

 

すると、競合が値下げしてカートを獲得していれば、

ツールもそれにつられて値下げすることになります。

プライスターなどの赤字ストッパーを設定していれば損失は限定的で済みますが、

もし設定していなければ際限なく損失は拡大していきます。

 

これがツールの価格調整機能に関する影響です。

 

答えはもう言ってしまいましたが、

このケースの対策は赤字ストッパーを設定して

これ以上値下げしないようにしておくことになります。

 

今回のホンマエ

・自分が損切りすれば当たり前のごとく利益率は下がる

・競合が損切り値下げした場合は2つの影響を受ける

①カートが獲得できなくなる → 冷静になり値下げをするか待ちを取るのか判断する

②自動価格調整ツールが価格を追随してしまう → 赤字ストッパーを設定しておく

あとがき

ブログのリンクを貼り間違えてしまいました。

 

今では修正して正常にリンクを貼れていますが、

こういうことってチェックしているつもりでもなかなか自分じゃ気づきません。

 

実はTwitterでお世話になっている読者の方から、

「貼ってあるリンクが間違ってませんか?」

とご連絡をいただきました。

調べてみると確かに間違っていたので即行で修正しました。

 

こういう風に間違いを指摘して下さる方は本当に貴重です。

ありがたいです。

 

僕は結構そそっかしいので、

もし皆さんもミスを見つけた際には遠慮なく教えて下さい。

教えて頂けるとすごく喜びます笑

 

 

 

 

 

 

友だち追加 ブログでは書けないココだけ話や輸入最新情報を配信しています! ご登録で最新記事の読み忘れも防げますよ(火・金/毎週)

-リサーチ
-, , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.